ラスベガスの事件でFPS好きのゲーマーとしていえること

実銃やばい

今回の事件では、300mほど離れたホテルの高層階から撃ちおろしたということのようですが、ゲームの中ではそんな距離からフルオートで撃って敵がバタバタ倒れたらゲームにならない。もちろんゲームによって違うんだろうけども。お亡くなりになった方々は負傷者の10分の1ぐらいの数のようなので、銃弾を受けながらも生還した人がかなりの割合で存在する。亡くなった方は運悪く急所に当たってしまったんだろうか。

自分はいわゆる「軍事」ネタには疎いので、実銃でこのぐらいの距離から人を殺める目的で撃つことが妥当なのかどうかわからない。ただ、本気で人を殺すための機構というのは凄まじいもんだなと感じる。ゲームなんだから現実よりも派手になるような演出があったりしそうなもんだと思ってしまう。実際はゲームのほうが控えめな調整されているともいえる。これも勿論ゲームによって違うんだろうけど。

ニュース追いかけてると、複数犯ではないのか?とか追加情報が見受けられる。確かに、発砲音の距離感が違う種類の音が入っている動画が存在するのは分かるんだけど、これにしたって本当に加工もなにもされていかどうかなんてわからない。

こういう銃のコントロールって、テクノロジーで解決できないもんですかね。それこそゲームみたいに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)