CPU,マザーボード,メモリをまとめてアップグレード

モノはスペックのページにまとめました。

CPUはryzenの1700Xにしました。調子に乗ってこれにしたので予算は大幅にオーバーしてしまいました…。CPUとしてこれを載せるには、マザーボードも変えないとだめですな。ryzenが乗るのはAM4ソケット対応しているマザーボードじゃないと動きません。MSIのX370 GAMING PROにしました。これも正直予算オーバーしております。CPUとマザーボードの組み合わせが決まると、それに乗るメモリが絞られます。今回はCORSAIRのDDR4で8Gを2枚セットの商品。予算(しろめ

上記に合わせてCPUクーラーも買ったのですが、これを付けたらケースの横の蓋が閉まりませんwwこのケースは何か変な、横から空気吸い込む用の換気口が付いているのです。これが内部にラッパ型に突き出ているので全く取り付けることができません。これはまあいいか。

何かの数値比較とかしてみたら面白かったんでしょうけど、思いついた時点でマザーボードまで外してしまったのでそこから戻すのは面倒すぎて取っていません。パーツ載せ替えは特にトラブルもなく終了。夏場なので汗が垂れてしまうのが怖い。ラーメン屋みたいなタオル巻きで作業。そういう所気を使った割には素手でしたが…小一時間で完了。

取り合えず動くのか、というところからなので、OCなど一切なし。windows10だからでしょうか、起動時に何かデバイスの更新が走って、いともあっさりと起動しました。確認おしまい。マニュアル通りにメモリ挿したので、8Gのモジュールを2枚挿したのにデュアルチャンネルの8Gで認識されていました。多分デュアルチャンネルの8Gよりも普通に16Gのほうが良い…気がするので、一旦シャットダウンして挿しなおし。ついでにちょっとケーブル整理しておしまい。

ガチのゲーマー構成ではないとはいえ、まあVRでもなきゃどんなゲームでも遊べるでしょう…多分…。おそらく…。

想定外だったのは、USBポートがちょっと足りない。マウス、キーボード、ヘッドセット、外付けHDDで埋まる。iphone繋げないな。VR readyとか書いてあるところは普通のデバイスで使ってよいのだろうか?あるいは外付けHDDをやめて、余っている古いHDDをケースの中にマウントするか。

これでPCいじりはトラブルでもない限りしばらくやらない事でしょう。…と思ったけど、交換した旧リソースをどうするか考えないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)