King of the kill:2017年4月のアップデート

なんだかアップデートされました。

“終盤に車が不足しがちなので”マグナムの遠距離での弾速を低下、弾道落下を激しくした…ということなんだけど、別に車なくても開発者が気に留めるようなこととは思えないが。まあバランス調整の一環か。遠距離での弱体化ってことですね。

車は乗った時の画面下部のUIがにぎやかに。また、鍵なしで沸く車も登場。勇んで乗ってもスココココって言ったりする。そのスココココであるhotwireは、乗ってから方向キーを押し続けるだけという簡単仕様に。これは良いですね。

車両はダメージを受けると徐々に性能が落ちるようになりました。いわゆるトルクってやつが落ちます。ダメージ受け続けるとより一層トルクが落ちて、ついにはターボも使えなくなる。最後には爆発するのはいつもの通り。車にはあまり詳しくないですけど、トルクが落ちるんだから、坂道を上る力が落ちたり、静止しているところからの加速が落ちたるするんじゃないですかね。topgearで言ってました。

キャラ選択画面で接続サーバのリージョン選べるように。まあ日本国内でこれを変える必要はないですねえ。

着地の時に大地を突き抜けるバグを改善、ってこんなのが頻繁に起こっていた人はそもそもこのゲームで遊べる環境にないんじゃないかと思いますけども…。

ヒットマーカーがかなりでかくて見やすくなった。車に当てた時、生身に当てた時、アーマーに当てた時で変わる。赤は生身。アーマーとヘルメットは黄色。車は灰色。緑はFF。爆発物ではどうだろう??物陰にいる相手にダメージが通ったかどうかはド終盤でかなりほしい情報なんだけどなー。今までもなかったから今回もないかな?実際どうなんだろ?

弾丸が全種類拾う前に見分けがつくようになった。厳密にはスナイパーライフル弾は見てないのでわからないけども。AKとM9の弾がちょっと見分け付きにくいけど、その他は露骨に色とかでわかる。グレネードもガスグレネードとスモークグレネードが色がついて見た目にわかりやすく。

マップにやや変更有。オフィスの窓でシャッターが下りていたり、住宅地に出入り口が塞がれているものがあったりする。ショットガンでもグレネードでもダメだったので、どうやら壊せない様子。(まさかパンチで壊れたりしねーだろうな…さすがに試してもない)あと一輪車?と墓石は壊せるオブジェクトになった。建物の内装配置にも変化あり。

チーム戦では死んだ後に観戦モードで参加し続けることが可能に。これでチームメートをサポートできる…のかもしれない。5on勢はお試しあれ。

あとはレティクルの選択肢が少し増えたり、オプション項目が増えたり、チームを組むフレンドがゲームジョイン前に右上にリスト表示されたり。

そんなところです。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)